おとんとビール

今日は両親のおうちのこたつでビール三昧。

仕事が順調に進んでいたときは、両親のところに顔を出すことなんて365日のうち1日か2日程度。
ひどいと日帰り。

そんな日々が過ぎて行って

気づいたときには

お父さんは昔のお父さんとはだいぶん違う人になってしまった。

何にも覚えていられないくせに頑固(前から?)で仕方ない。

イラっとするけど
優しくしてあげると
多少素直になってくれて
実家を出てからこんなに長い時間一緒にいたのは初めてで
多少今のお父さんの扱い方が分かったのかも。

こんな機会ができたのも、
運命かもしれないと
最近なんでも運命で片づけてしまいがちなんですが
単なる偶然が結果として必然なのかもしれません。

「お父さんが僕の年齢だったとき、僕は11歳だったんだね」

と言ったら

「そーだっけ?子供たちがいったいいくつなのかもう分からない」

と言う。

子供たちは、とっくにおっさんおばさんになってて
あなたはいつ死んでもおかしくないジジイですよ!

「人生はうまくいってる?」

なんて聞いてきたから

「うまくいってないよ。でもやり直せないしね」

「俺もお母さんにずっと囚われの身で失敗だよ」

と笑うから

「よかったじゃん。相手がお母さんで。うるさいけど」

なんて、ビール飲みすぎて
おとんと一緒にビール飲んでよかったよ。

うまくいかない時間ができてよかったよ。


にほんブログ村

この記事へのコメント