お父さん、お母さん

お父さんは 結構何も覚えていられないくらいに年を取ってしまったけれど お母さんはお父さんと同じくらい年を取ってしまってるけど お父さんの面倒を見るために一生懸命頑張っている。 お母さんは、 「バッカス、早く結婚して幸せになって。バッカスが幸せじゃないなんて世の中不公平すぎる!!」 なんてことを言ってくる時期もありましたが、今は、俺のついた嘘を信じて ちょっとだけ幸せを感じて生活してくれているみたいで 親不孝で申し訳ない。 子供のころ、世の中にはついていい嘘と悪い嘘があることを教えてくれたのも お父さんとお母さんだったので これはついていい嘘だと信じて 嘘に嘘を塗り重ねて あなた方に会いに行っております。 元気なうちにできるだけ会っておけたら、免罪符になりそうな気がするんですもの。 ほんとは、 生まれてきてよかったですと 本当のことを伝えられたらいいなと思っています。 でも70も過ぎて余生を過ごすあなたたちに余計な心配を与えることは 親不孝なのかもしれないと 踏み出せないで今日もまた深酒。 生んでくれて、 育ててくれたんだから。 懲りずに愛して 大人にしてくれて、 社会に送り出してくれたんだから。 ニュースをみると送り出してもらえない子供がいたりして 心が痛むことがあるけど お父さんとお母さんが 自分を愛してくれる二人でよかったです。 いつも感謝しています。 …

続きを読む

ホルモン平田【ホルモンヒタラ】

新小岩のホルモン平田さんに行ってきました! 予約なしではまず入れない人気店だけあって、活気があります。 下町のコスパのよいお店ですが、お肉を楽しみに来てらっしゃる感じなのか ひどい酔っ払いなどはいなくお行儀のいいかたたちばかり。 禁煙なのかと思うほど煙草を吸う人も少ないイメージです(日によるかも) ただやはり混んでるので窮屈ではある。 とりあえずとんとろからいただきました! 良質なお肉に絶妙な味付がしてあってほんと満足。 苦手だけどここのセンマイ刺しは食べられる。 レンガ。 ボリューミーでおいしい。 生ロース。 どぶろくをがぶがぶいただいてしまいました(500mlで千円だったかな。。) とにかくおいしいお肉を安く食べられるお店です。 おトイレは、男性・女性各1室。 ちょっとせまい。 機能は普通。 このコスパでこのお味のお肉はそうそう食べられませんので。 (バッカスの気持ち) お店外観 ★★ 接客   ★★★ 居心地  ★★ お肴   ★★★★★(お肉のコスパは素晴らしい) お酒   ★★ おトイレ ★ 東京都葛飾区新小岩1-35-8  肉を食うなら平田でしょう。通っております。 ※ あくまで個人の感想です。 にほんブログ村

続きを読む

織【オリ】

久々仲良しの還暦マヂカのババアと新小岩の織さんで飲んできました。 座席は余裕のある配置でゆっくりのめます。 だけど椅子の座り心地はイマイチ。 お通しからしていつも丁寧なお料理。 どれもおいしく、これだけでも満足しちゃう。 お刺身2名盛。980円なり。 8種類くらいお魚のってるし、のれそれとかあんま食べる機会ないのでうれしい。 このコスパの良さ。 彩り野菜の味噌バーニャカウダー。 これはおいしい。 ソースが味噌風味なので和食っぽいテイストもありつつ、 新鮮で珍しいお野菜がみずみずしくて、やめられないとまらない。 野菜なくなってもソースなめながら日本酒飲んでいたい。 なんだかピンクで春らしいので「尾瀬の雪どけ(ピンク)」をいただきました。 甘酸っぱくて飲みやすい。 けど、お食事にはあんまり合わなかったかしら。。。 イワシのなめろう。 すごいもっちもちの食感。 なにが入ってるんかしら?? お魚の食感ではないので、バッカス的には普通のなめろうが好き。 お肉もおいしゅうございました。 おトイレは、男女共用が1室。 古い感じのおトイレで、あんまり快適ではありません(不潔とかではないですよ) (バッカスの気持ち) お店外観 ★★★ 接客   ★★★ 居心地  ★★★ お肴   ★★★★ お酒   ★★★ おトイレ ★ 東京都 江戸川区 松島 4-46-4  駅からはちょっと距離あり…

続きを読む

本日の日本酒 しぼりたて浦霞【シボリタテウラカスミ】

宮城のお土産に しぼりたて浦霞 をもらいましたのでいただきます。 かすみって濁らないのが正しいのですね。。。 しぼりたて浦霞は、冬の訪れとともにお届けする宮城県限定の新酒です。 生酒ならではの新鮮な味わいをお楽しみください。  ※ ラベル書きより    冷蔵庫でよーーっく冷やしてから 牡蠣鍋食べつつ 酸っぱい香りのなかに、ほんのり甘い香りがする。 のどごし柔らかくって甘酸っぱくて飲みやすいです。 イカの塩辛ととってもマッチして 今日も飲みすぎてヤバイ! (バッカスの気持ち)  ♡♡♡♡ 飲みやすいのでついガンガン飲んでしまった。 女子受けするフルーティなお酒でした。 にほんブログ村  

続きを読む

おとんとビール

今日は両親のおうちのこたつでビール三昧。 仕事が順調に進んでいたときは、両親のところに顔を出すことなんて365日のうち1日か2日程度。 ひどいと日帰り。 そんな日々が過ぎて行って 気づいたときには お父さんは昔のお父さんとはだいぶん違う人になってしまった。 何にも覚えていられないくせに頑固(前から?)で仕方ない。 イラっとするけど 優しくしてあげると 多少素直になってくれて 実家を出てからこんなに長い時間一緒にいたのは初めてで 多少今のお父さんの扱い方が分かったのかも。 こんな機会ができたのも、 運命かもしれないと 最近なんでも運命で片づけてしまいがちなんですが 単なる偶然が結果として必然なのかもしれません。 「お父さんが僕の年齢だったとき、僕は11歳だったんだね」 と言ったら 「そーだっけ?子供たちがいったいいくつなのかもう分からない」 と言う。 子供たちは、とっくにおっさんおばさんになってて あなたはいつ死んでもおかしくないジジイですよ! 「人生はうまくいってる?」 なんて聞いてきたから 「うまくいってないよ。でもやり直せないしね」 「俺もお母さんにずっと囚われの身で失敗だよ」 と笑うから 「よかったじゃん。相手がお母さんで。うるさいけど」 なんて、ビール飲みすぎて おとんと一緒にビール飲んでよかったよ。 うまくいかない時間ができてよかったよ。 にほ…

続きを読む